本日は、1号地の和室造作、2号地の天井下地、
3号地の外壁サイディングシール打、4号地の玄関廻り造作、
5号地の外壁吹付け塗装工事、6号地のクロス貼りが行われました。

先日より各号地を担当して頂いている大工さんにお話を伺い、
今日で最終日となりました。

最終日は1号地を担当して頂いている米本さんにお話を伺いました。
米本さんは、物を造ることが自分に向いていると思われ、大工の仕事に道を選ばれ、
当社が現在工事を行っている京都市立伏見工業高等学校を卒業された後、
16年間、大工の仕事をされています。
イメージ 1


Q.いつも心掛けられていることは?
A.流れ良くスムーズに仕事をするように心掛けています。
  また、仕事をする上で、自分だけが仕事をやりやすい場にするのではなく、
  他の職人さんたちと相談、打合せを行い、皆が仕事のやりやすい場になるように、
  心掛けています。

Q.仕事中の注意点、気をつけている事は?
A.怪我をしないように、無理な事はせず、安全に仕事をするようにしています。

米本さんももし、1号地から6号地の中から購入するなら、
1号地が一番良いとのことでした。

1週間以上に渡り、各号地を担当して頂いている大工さんにお話を伺いましたが、
皆さん、お仕事中にも関わらず快くお話をして頂きました。
大工さんが仕事の中で、どんな事を思われているのかなどをお伺いし、大変勉強になりました。
1号地担当の米本さん、2号地担当の中山さん、3号地担当の北山さん、
4号地担当の大久保さん、5号地担当の大城さん、6号地担当の坂本さん、有難うございました。

イメージ 2

外壁吹付け塗装工事後の写真です。


高塚工務店HP:http://www.takatsuka-con.co.jp