仮囲いを設置された現場では、並行して遣り方作業を行いました。


≪仮囲いが施されました≫
RIMG1429


『遣り方』とは・・・

正確に建物の位置を決めるため、必要な箇所に杭を打ってつくる仮設物の事で、

『建築工事』において最も重要な作業だと言っても過言ではありません。


≪遣り方作業の様子です≫
RIMG1421


『遣り方』は木板と糸を使って、実際の建築物の位置や水平の基準を出していきます。

後に遣り方を基準として、掘削の深さや基礎の位置、高さなどを決定し施工していく為、

遣り方によって建物全体の位置などが左右されるのです。

以上のことから、『遣り方』が非常に重要な作業であることが分かって頂けるかと思います。


≪遣り方が完了しました≫
RIMG1424


杭と木板で建物の位置等の基準を出すことはご理解頂けたかと思いますが、

では、何故『糸』を使用するのか。

それは、『糸』は板の上の空中に張られている為、掘削によって土が無くなっても位置を

確認することができ、いつでも掘削のラインや通り芯(基礎中心)を確認することができるのです。


≪よく見ると、糸が張られているのがわかると思います≫
RIMG1422
RIMG1423


遣り方を終え、早速、掘削作業へと取り掛かりました。


≪掘削作業中の様子です≫
RIMG1475
RIMG1483

≪掘削作業が完了しました≫
RIMG1484


掘削を終えた現場では、続いて柱状地盤改良へと取り掛かっていきます。



高塚工務店HPhttps://www.takatsuka-con.co.jp