基礎配筋・基礎型枠建込み~基礎コンクリート打設を終えた現場では、埋戻し作業へ取り掛かりました。

まずは、砕石の敷込み作業を行い、転圧していきます。


≪砕石敷込み・転圧作業の様子です≫
DSCN9962

【転圧】とは、ローラーやランマーなどの転圧機を用いて、土を締め固める作業のことで、

土の密度を高め、安定化を図ります。

一見単純な作業に見えますが、技術が求められる作業となり、

転圧による締固めが弱いと、地震などの衝撃によりひび割れを引き起こす可能性がある為、大変重要な作業の1つなのです。


≪しっかりと締め固められていきます≫
DSCN9963


砕石敷込み・転圧作業が完了し、基礎埋戻しへと作業を進めました。

ここでも、埋戻しした土を転圧し、しっかりと締め固めていきます。


≪基礎埋戻し・転圧作業の様子です≫
DSCN9970
DSCN9972
DSCN9981


続いて、基礎埋戻しが完了した上に、土間下砕石敷込みを施していきます。


≪土間下砕石敷込みが完了しました≫
DSCN9988


土間下砕石敷込みが完了すると、厚さ確認を行います。

一定の厚さが確保されていることをチェックします。


≪土間下砕石敷きを終え、厚さを確認しています≫
DSCN9989


厚さ確認を終えると、土間配筋へと作業を進めて参ります。



高塚工務店HPhttps://www.takatsuka-con.co.jp