現場では、断熱材敷込みを終え、土間配筋へ取り掛かりました。


様々な長さの鉄筋が現場に運び込まれ、設計図書の指示通りに配筋作業が進められていきます。


≪土間配筋作業が始まりました≫
DSCN9993
DSCN9994


≪次々と配筋作業が進んでいきます≫
DSCN9992


配筋作業を進めていく中で、鉄筋の長さによって長さが足りない箇所が出てきます。

その際に、新たに鉄筋を継ぎ足していくのですが、この部分を【継手】と言います。

【継手】を行う上で、継手部分も鉄筋を重ねる必要があり、定着長さは40dとなり、

この40dとは主筋の径の40倍の長さを重ねる必要があると言う意味を表しています。

つまり、主筋がD13(直径13㎜)の鉄筋の場合、定着長さは520㎜以上が必要となります。

この他にも配筋作業を行う上で様々な注意点があり、

それらを作業工程の中で確認しながら、配筋が施されていくのです。


≪土間配筋が完了しました≫
DSCN0014

≪土間配筋の完了を受け、工程内検査でチェックしました≫
DSCN0012
DSCN0013


土間配筋を終えた現場では、土間コンクリート打設を施すと、

いよいよ木造建築物のメインイベント【建方】へ取り掛かっていきます。


今回の建物は、ブログ№1でもご紹介しましたが、『CLT』工法の建物となります。

京都でも採用されている建築物が少ない為、多方面からの注目度が高いことから、

一層緊張感を持ち、作業を進めて参ります。



高塚工務店HPhttps://www.takatsuka-con.co.jp