内部では本格的に造作工事に取り掛かりました。

早速、内装ボード貼りが始まりました。


≪内装ボード貼りの様子です≫
①
②


実は、内装ボード貼りという工種は内装工事の中でも過酷な作業の1つであるとも言われています。

内装ボードは性能や種類によって異なりますが、

殆どが1枚当たり10㎏以上という重量で、重いものになると30㎏を超える内装ボードもあります。

その為、重量のある内装ボードを持ち上げ、貼り合わせていく作業は見た目以上に大変な作業となります。

また、その上からクロス貼りを施すため、ボード貼りの出来栄えが大変重要となり、

より繊細で丁寧な作業が求められる作業となります。


≪内装ボードが丁寧に貼り合わせられていきます≫
③
④
⑤


一方、内装ボード貼りが完了した2階では、二重床工事を行いました。

二重床にすることで、防音性能を高めることができるのです。


≪二重床 施工中の様子です≫
⑥
⑦
⑧

≪寸法を確認しています≫
⑨


内装ボード貼りが全て完了し、壁クロス貼りへと取り掛かりました。


≪現場にクロス材料が運び込まれてきました≫
⑩


その頃、ボードには下地パテ処理が施されると、クロス貼りを行いました。


≪壁クロス貼り 下地パテ処理の様子です≫
⑪
⑫
⑬

≪壁クロス貼りの様子です≫
⑭

≪綺麗にクロス貼りが施されました≫
⑮
⑯
⑰


次回は、内部天井の造作工事の様子をお伝えします。



高塚工務店HPhttps://www.takatsuka-con.co.jp