着々と内部で造作工事が着々と進められている頃、外部では、軒天工事に取り掛かりました。

まずは軒天部分のビス穴のパテ処理を行いました。


≪軒天 ビス穴のパテ処理の様子です≫
①
②


【軒天】とは、住宅などの建物の外壁の外側に伸びている屋根の裏側部分の事を指します。

外壁から外側に伸びている屋根を【軒】と呼び、その裏が【軒】の天井という意味で【軒天】と

呼ばれるようになったと言われています。

他にも、【軒裏】や【軒裏天井】、【軒先】などと呼ばれることもあります。


パテ処理を終えると、軒天の塗装作業を行いました。

塗りムラや透け、擦れなどがないか確認しながら、丁寧に塗装を仕上げていきます。


≪軒天 塗装工事の様子です≫
③


【軒天】の主な役割としては、大きく分けて3つあります。

まず一つ目が〔雨風から守る〝傘〟のような役割〕です。

下地材がむき出しになっていると、そこへ雨風が吹き込み、屋根が劣化しやすくなってしまいます。

【軒天】がしっかりと保護し、雨風がもたらす湿気などから家を守る効果があります。

次に二つ目が〔外観の美しさを引き出す〝目隠し〟の役割〕です。

【軒天】がないと、屋根裏の野地板や垂木と言われる下地が丸見えの状態となり、

非常に見栄えが良くなくなってしまいます。

下地が人目に付かないことはもちろん、建物全体を美しく見せてくれます。

そして三つ目が〔火が屋根に燃え広がりにくくする〝延焼防止〟の役割〕です。

【軒天】がないと室内の火が窓から屋根に燃え移りやすく、短時間で家屋全体に火が回ってしまいます。

【軒天】が火から屋根を守っているのです。


建物全体を見回すと、一見そこまで重要視されなさそう【軒天】ですが、

このように【軒天】は建物を守る為に多くの役割を担っている大変重要な部分なのです。


≪今回使用しているのは耐久性・耐火性、耐水性に優れたケイカル板です≫
④

≪丁寧に塗装が進められていきます≫
⑤
⑥

≪美しい【軒天】が完成しました≫
⑦


【軒天】の工事を終えたことで、外壁・屋根工事が完了となりました。

外壁工事の仕上げ状況の検査を実施し、いよいよ外部足場解体へと着手しました。


≪外部足場の解体工事が始まりました≫
⑧
⑨
≪シートに覆われていた建物が徐々に姿を見え始めました≫
⑩


≪外部足場の解体が完了し、建物の全貌が姿を現しました≫
⑪


外部足場解体を終え、内部では仕上げ作業が着々と進められていきます。

次回は、その模様をお伝えします。



高塚工務店HPhttps://www.takatsuka-con.co.jp